米原万里、没後10年。最初で最後の書評集。

打ちのめされるようなすごい本

打ちのめされるようなすごい本

米原万里

文藝春秋

本体790円+税

ISBN:4167671042

私が生きているうちに
死んでほしくなかった作家さんのひとりです。

初めて米原さんの本を読んだとき、
あまりの衝撃で食事がのどを通りませんでした。
心をこめて水を飲んでいました。
揺さぶられたどころではなく
打ちのめされたのです。

エッセイはたくさん読んでいるけど、
この書評集はまだ、という
ファンの方もいらっしゃるのでは。
もったいないです。
是非読んでみてください。
巻末、丸谷才一さんの
「文庫版のための解説」も最高です。

しかし紹介されて
気になった本が絶版だということもあり…
読み返す度、
こういう本を棚に残せる書店員、
なにより読者であり続けたいと初心に返る1冊です。

2016.07.04 / 担当:サザン店 高 /