残酷さ、儚さが美しい、著者初短編集

オーブランの少女

オーブランの少女

深緑 野分

東京創元社

本体740円+税

ISBN:4488453112

 「このミステリーがすごい!」2016年で著者の『戦場のコックたち』が第2位に選ばれてから気になっていましたが、やっと文庫になってくれました。
 美しく整備された庭園・オーブラン。その管理人の老女2人が衆人の前で殺された。犯人は襤褸をまとった悪鬼のような老婆。主人公は縁あって殺された老女の手記を手に入れる。その手記には美しい庭園の成り立ちの秘密と、老婆の正体が記されていた…。
 全5編、すべて「少女」をキーワードに、ミステリー仕立てで展開する。舞台設定がとても美しく、読んでいて引き込まれる作品ばかりでした。
2016.05.19 / 担当:サザン店 山口 /