本屋大賞7位で埋もれさせるには惜しい作品

戦場のコックたち

戦場のコックたち

深緑野分

東京創元社

本体1,900円+税

ISBN:4488027504

 時は第二次世界大戦。主人公はアメリカ軍の「コック兵」となる。そこでメガネの名探偵エドや、お調子者のディエゴたちと出会い、戦場ならではの謎と対峙することになる。
 食料品の大量紛失や亡霊騒ぎなど、実際に起こっていそうな事件が取り扱われるので、臨場感がある。
 また命の危険にさらされる戦場ならではの連帯感、友情も魅力的だ。
 しかし当然戦場は恐ろしい場所であるわけで…
 著者初の短編『オーブランの少女』に比べ、ミステリーとして「考えさせる間」が適当に取られているので、謎としても作品としても考えさせられる。
 著者の次の作品が楽しみです。
2016.05.09 / 担当:サザン店 山口 /