「東京スリバチ学会」をご存知か?

東京スリバチ地形入門

東京スリバチ地形入門

皆川典久

イースト・プレス

本体800円+税

ISBN:4781680135

一年ほど前、都心・・・それも新宿区のど真ん中で、偶然谷底のような街に足を踏み入れたことがある。その異次元スポットに入り込んだような感覚は忘れられない。

その後、「東京スリバチ学会」という、東京のすり鉢状の地形をフィールドワークしている団体の存在を知った。その会長である皆川典久さんの本が、今回新書版で刊行されたのである。
この本の中の、23もあるスリバチエピソードの一番初めに、私がかつてはまり込んだそのスリバチが紹介されていた。
それもパーフェクトな「一級スリバチ」として!!

坂、谷、暗渠、崖、階段、Y字路、湧水・・・東京の地形は複雑である。「ブラタモリ」の人気にも窺えるように、「微地形」の魅力にはまる人は今非常に多い。
「スリバチ」は、それらの地形がすべて集まったような特別に魅惑的な場所ではないだろうか。
2016.03.30 / 担当:ノルテ店 富樫 /