生きること、働くこと

東京湾岸畸人伝

東京湾岸畸人伝

山田清機

朝日新聞出版

本体1,600円+税

ISBN:4023314676

この本に登場する人たちに共通するのは、『個』として実に魅力があるという事だ。「背中愛しき、男の生き様」とのコピーが帯にあるが、「うん」と深くうなずいてしまった。六つの話のひとつひとつのタイトルがまたいい。全てを語っている。「築地のヒール」「横浜、最後の沖仲仕」「馬堀海岸の能面師」「木更津の『悪人』」「久里浜病院のとっぽいひと」「羽田、夢見る老漁師」、この中でひとつでも興味があるタイトルを見つけたら、一冊全てがとても興味深く読めるはずである。著者山田清機氏の快作「東京タクシードライバー」も最近文庫化されている。合わせておすすめしたい。
2016.02.29 / 担当:サザン店 高尾 /