人生常に薄曇り。

負ける技術

負ける技術

カレー沢薫

講談社

本体680円+税

ISBN:4062931885

まるで新書か自己啓発書のようなタイトルだが、内容はエッセイ。

著者は、OLと漫画家の二足のわらじを履くカレー沢薫氏。氏の漫画を読んだことがある方ならお分かりだろうが、とにかくこの方は「若さ」や「楽しげなこと」に対する恨みがすさまじい。ご本人も結婚されてるはずなのに、若いカップルでも見かけようものなら石を投げつけそうな勢いだ。

そんな、自称「非リア充の権化」である著者が、日々の生活をエッセイにしたというのだから大変である。
「担当が憎い」「若者が憎い」「職場が嫌だ」等々。二言目には恨み節が出てくる始末。
それでも、読んでいて嫌な気分にならないのは、著者がそんな生活を意外と楽しんでそうな雰囲気が感じられるからだろう。

そもそも、この世知辛い世の中で、なんのつまづきもなく人生を歩んでる人がどれくらいいるのだろうか。
著者曰く「勝利」は「敗北」の始まり、だそうで。
人生の絶頂から、地獄へ転落してしまうような人も沢山いる中、著者は「常にちょっと負けてる、毎日薄曇りくらいの人生」を推奨している。

などと書くと、後ろ暗い内容の本なのかと思われるかもしれないが、実際はカラっと笑えるものになっている。
このあたりのさじ加減の絶妙さが、著者ならではの持ち味なのだろう。
ファンなら必見。そうでない方も「カレー沢入門書」としてオススメです。
2015.10.26 / 担当:上石神井 出口 /