東京・立川が舞台。聖地巡礼できちゃいます。 主人公が「普通」なことを含めて、身近に感じられる作品。

碧空のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート

碧空のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート

福田和代

光文社

本体600円+税

ISBN:4334769624

 集団的自衛権などでも話題に上る自衛隊、の音楽隊の話。彼らは芸術家であり、音楽で人々を癒すことで平和に貢献する人々だ。
 なので著者お得意のクライシス・サスペンス成分は一切ない。それどころか主人公は鈍感な普通の女の子。彼女が身近な謎に翻弄され、向かい合っていく、普通の、しかしどこか微笑ましいところのある作品でした。
 単行本で続編も出ましたので、これを機会に是非お手にお取りください。
2015.10.01 / 担当:サザン店 山口 /