山田詠美が、谷崎潤一郎『痴人の愛』に挑む!

賢者の愛

賢者の愛

山田詠美

中央公論新社

本体1,500円+税

ISBN:4120046869

 最愛の男を奪った親友―― 彼女が生んだ男の子を真由子は「直巳」と名づけた。谷崎の『痴人の愛』に出てくる自由奔放なナオミに引きずられていく男とは反対に、真由子は直巳を自分好みの上等な男に育てあげていく。
 20以上も年齢差のある真由子と直巳の間に育つ愛情、それは真由子と親友の間にある嫉妬や確執、親友に奪われた男をめぐる愛憎、そして亡き父の隠された過去、どろどろとしたすべてを経て形成された、ひと筋縄ではいかないもの。真由子から愛とお金をふんだんに与えられ、大人へと向かう直巳青年が全身から漂わす色気にふるふると震えながら読みました。
 愛ゆえに堕ちていく男を描いた『痴人の愛』。それに山田詠美が挑んだ時、狂気さえもはらんだ高貴な女の愛の形が揺らめく炎のように立ち上がります。物語の終わりの凄まじさも含めて、いや、これはすごいです。
2015.03.16 / 担当:ノルテ店 辻内 /