イベント

Crystal Cage College 第9回・第10回・第11回

 
Crystal Cage College
 
詩人で造本家の平出隆と、ギタリストで作曲家の伊藤ゴローを軸にして、
国立にミニマルカレッジが開講中。
その名は《クリスタル・ケージ・カレッジ》、略称CCC。
本に囲まれ、美術、音楽、言葉を中心に、
世界のさまざまな美しいもの、透明なものに触れて、
静かに味わう時間をどうぞ。
 
___________________________________________________________
 
第9回 2017年4月29日(土・祝)18:30~20:30
講義内容
小講義 伊藤ゴロー「捨てられた雲のかたちの──Triptyque」
小講義 青木淳「立原道造の建築」
小講義 平出隆「書簡詩の手法──詩学以前 1」
TonePoetry[音読:平出隆 ギター:伊藤ゴロー]
質疑応答
放課後:本・CDの販売およびサイン会
 
第10回 2017年6月24日(土)18:30~20:30
講義内容:
小講義 伊藤ゴロー「Land──音楽のジオグラフィック 1」 
小講義 郡淳一郎「轉身の頌──手紙・書物・囀り」
小講義 平出隆「反伝記の手法──詩学以前 2」
TonePoetry[音読:平出隆 ギター:伊藤ゴロー]
質疑応答
放課後:本・CDの販売およびサイン会
 
第11回 2017年10月28日(土)18:30~20:30
講義内容:
小講義 伊藤ゴロー「Land──音楽のジオグラフィック 2」 
小講義 工藤健志「トキオセントリズムへの抗い──アートの場合」
小講義 平出隆「野外ノートの手法──詩学以前 3」
TonePoetry[音読:平出隆 ギター:伊藤ゴロー]
質疑応答
放課後:本・CDの販売およびサイン会
 
———————————————————————
会場:PAPERWALL CAFE nonowa国立店
料金:受講料2,300円+1ドリンク500円 合計2,800円(税込)
定員:30名
 
参加のお申込み、お問合せは電話、メール、店頭にて3月14日(火)13:00より、いずれの回も同時に受付を開始いたします。各回ともに定員に達し次第締切りとさせていただきます。ご了承下さい。
 
PAPERWALL CAFE nonowa国立店
Tel:042-843-0261
pw.n.kunitachi@orionshobo.com
 
 
主催:オリオン書房・PAPERWALL・PAPERWALL CAFE
制作:333DISCS
協力:Tokyo Publishing House
https://www.facebook.com/CrystalCageCollege/
___________________________________________________________
 
 
[ゲスト講師]
青木淳(あおき じゅん)
1956年、横浜生れ。建築家。生涯に設計できる住宅は、せいぜいアルファベットの文字数くらいだろうと、設計した住宅にアルファベット1文字を与え《アルファベット・セット》を展開している。現在までのところ、A、B、c、G、H、i、J、K、L、M、N、O、R、S、T、U、Y、Zまでの18軒があり、残すところはD、E、F、P、Q、V、W、Xの8軒になっている。公共建築としては、《馬見原橋》(1995年)、《遊水館》 (1993年)、日本建築学会作品賞を受賞した《潟博物館》(1997年)、《青森県立美術館》(2006年)、《大宮前体育館》(2013年)、《三次市民ホールきりり》(2014年)などがある。商業建築としては、世界各地のルイ・ヴィトンの店舗がある。また 《U bis》(2002年)では、アーティストとしての創造性を見せ、《あいちトリエンナーレ2013》では、杉戸洋とユニット「スパイダース」名義で、《赤と青の線》を制作している。2004年度芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。2017年3月に、選者として「建築文学」を集めた『建築文学傑作選』を刊行。
http://www.aokijun.com
 
 
郡淳一郎(こおり じゅんいちろう)
1966年名古屋市生れ。オルタナ編集者。早稲田大学第一文学部仏文専修卒。ビクター音楽産業、『キネマ旬報』、フィルムアート社、『ユリイカ』を経て、近畿大学四谷アート・ステュディウムで《編集オルタナティヴ講座》を開講。編集書に《イヴ叢書》全10篇、堀潤之注釈『ゴダール 映画史 テクスト』、鈴木一誌ほか『知恵蔵裁判全記録』、松本圭二『詩篇アマータイム』、高橋信行編『足穂拾遺物語』、矢川澄子『いづくへか』、武村知子『日蝕狩り』、吉田アミ『サマースプリング』、間奈美子ほか『インディペンデント・プレスの展開』等。デザイン誌『アイデア』で特集「日本オルタナ出版史」3部作と番外篇「清原悦志の理」の構成・文を担当。編著『仮名手本オルタナ出版史』。
https://twitter.com/khorijunichiro
 
 
工藤健志(くどう たけし)
1967 年福岡県生れ。青森市在住。大阪教育大学美術教育学専攻造形芸術学専修修了。青森県立美術館学芸主幹。第19 回、第20回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門審査委員。専門は戦後日本美術。「美術」の枠組みや「展覧会」の制度を問い直す企画を多数手がけている。主な担当展に、《立石大河亞展》(1994年)、《山本作兵衛展》(1996年)、《縄文と現代》(2007年)、《寺山修司◎劇場美術館》(2008年)、《ラブラブショー》(2009 年)、《ロボットと美術》(2010年)、《Art and Air》(2012年)、《美少女の美術史》(2014年)、《成田亨 美術/特撮/怪獣》(2015年)、《ラブラブショー2》(2017年)など。《造形集団 海洋堂の軌跡》(2004 年~、水戸芸術館、台北市立美術館他)、《ボックスアート》(2006年~、静岡県立美術館他)といった巡回展のキュレーションも行っている。
https://www.facebook.com/torimega2
 
___________________________________________________________
 
平出隆(ひらいで たかし)
1950年北九州市生れ。国立市在住。一橋大学卒。詩人、作家、造本家、多摩美術大学教授。《via wwalnuts 叢書》や《crystal cage 叢書》など、革新的な方法で新しい「紙の本」の出版活動を展開。読売文学賞、紀行文学大賞、木山捷平文学賞、芸術選奨文部科学大臣賞、藤村記念歴程賞、造本装丁コンクール経済産業大臣賞、最優秀翻訳図書賞(アメリカ)など。小説『猫の客』は国際的ベストセラーとなり、20カ国語以上での翻訳が決まっている。また、伊藤ゴローのアルバム《GLASHAUS》《POSTLUDIUM》《捨てられた雲のかたちの》のジャケットデザインも手掛け、ゴローのギター演奏と共にする詩の音読による《TonePoetry》も展開。
http://takashihiraide.com
 
 
伊藤ゴロー(いとう ごろー)
1964年青森市生れ。国立市在住。作編曲家、ボサノヴァ・ギタリスト、音楽プロデューサー。ボサノヴァ・フィーリングを感じさせる独自のソロ活動(MOOSE HILL名義他)でボサノヴァ~クラシック〜ロックとジャンルを横断し音楽を探求。伊藤ゴロー+ジャキス・モレレンバウム《ランデヴー・イン・トーキョー》でブラジル・ディスク大賞2位を受賞。2013年ブラジル・ディスク大賞受賞《GETZ/GILBERTO+50》他プロデュース作品も多数。青森県立美術館でのサウンド・インスタレーションへの出品、平出隆との《TonePoetry》、原田知世の歌と朗読の会《on-doc.(オンドク)》など多方面での活動を行う。2017年3月《捨てられた雲のかたちの  In the Shape of an Abandoned Cloud》をソングエクス・ジャズよりリリース。
http://itogoro.jp
 

information

  • Crystal Cage College 第9回・第10回・第11回

    Crystal Cage College 第9回・第10回・第11回

  • 日時:2017.04.29(土) 18:30 ~
       2017.10.28(土) 20:30
  • お問い合わせ

    PAPER WALL nonowa国立店
    電話番号:042-843-0261
    営業時間:AM10:00~PM10:00(平日)/AM10:00~PM9:00 (土・日・祝)
    ※お問い合わせは、店頭・電話にて承ります。
     ご不明点は、お気軽にお問い合わせ下さい。

  •